FC2ブログ

FXデイトレード再挑戦~極めるFXスキャルピング~

ForexanderのFXブログ「FXデイトレード再挑戦」へようこそ


本ブログでは、FX(外国為替証拠金取引)のドル円(USD/JPY)スキャルピング手法の研究と実践結果を公開するとともに、FXデイトレーダーとして勝ち続ける、いや、生き残るための戦略を時間をかけて考えていきたいと思います。


私はこれまで個人投資家として輝かしい戦績など全くあげていないだけでなく、イヤというほど強制ロスカットを経験し、湯水のように資金を使いそして相場に吸い尽くされたダメトレーダーですが、未だに投資で人生を豊かにすることをあきらめてはいません。


不屈の精神で、勝ち組FXトレーダーになることを目指し、頑張りたいと思います。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング ブログ村為替ランキング FC2外国為替ブログランキング

FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う(2)

FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う」では、RSIが「買われすぎ」ゾーン、「売られすぎ」ゾーンにあるかどうかではなく、RSIが「50%以上で上向き」「50%以下で下向き」が順張りエントリーポイントだと書きました。


下は前出の5分足チャートです。下段がRSIです。


5min-rsi.png


RSIの「向き」が重要なら、「50%以下で上向き」「50%以上で下向き」ではエントリーしてはいけないのか?これは微妙ですが、上の「50%以上で上向き」「50%以下で下向き」でエントリーする場合よりは、危険です。


RSIの動きどおり、レートは実際に反転し始めているのですが、それが本当にトレンド反転を示しているのか、あるいは単なる利食いによるものなのか、ダマシなのかが、必勝エントリーポイントとしては明確ではないのです。


どちらかというと、RSIが「50%以下で上向き」「50%以上で下向き」の間は「逆張りゾーン」だといえるでしょう。FXスキャルピングでは順張りに徹するべきなので、このようなゾーンでのエントリーは見送った方が無難です。


実際は、RSIが「50%以下で上向き」「50%以上で下向き」の場合でも上手くエントリーすれば約70%の確率で勝てるとは思うのですが、あえて70%の勝率で挑む必要はないのです。完全な順張り必勝エントリーポイントが来るまで待つのが正解です。


RSIが「50%以下で上向き」「50%以上で下向き」でもあえてエントリーしても良いケースとしては、30分足チャートや1時間足チャートでは移動平均線(MA)やRSIが明らかに順張りゾーンを示している場合です。そうでなければ、やはり逆張りゾーンであるとして見送った方が良いでしょう。


5分足チャート上で、移動平均線(MA)での順張り判定と組み合わせながら、RSIが「50%以上で上向きになった」「50%以下で下向きになった」ポイントでエントリーできれば、勝率90%でFXスキャルピングで利益確定できるでしょう。

スポンサーサイト

人気ブログランキング ブログ村為替ランキング FC2外国為替ブログランキング

FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う

RSI(Relative Strength Indicator)という有名なオシレーター系テクニカル指標があります。FXだけでなく、株式や先物でも使っているトレーダーは多いと思います。

RSIは「買われすぎ/売られすぎ」を示すテクニカル指標である、と良く言われます。RSIは、その計算式により0~100の値を取りますが、RSIの値が70%以上であれば「買われすぎ」、RSIの値が30%以下であれば「売られすぎ」と判断するというものです。

下のチャート画面はFXドル円の5分足チャートです。画面の下部の水色の折れ線グラフがRSIです。

5min-rsi.png

しかし良く考えると、たとえばRSIが70%以上の時は「買われすぎ」というよりは「大きな買い圧力が存在している」ともいえます。単にRSIが70%あるいはそれ以上で推移していたとしても、それを即「売り」サインとしてはいけないのはこのためです。

実際、RSIが70%を越えてもグングンと価格レートが上昇したり、RSIが30%を下抜けしても価格レートが急落することが多いです。「買われすぎ」「売られすぎ」というよりは「買いの勢いが強い」「売りの勢いが強い」とみなした方が安全です。

短期間でのエントリー~利益確定を狙うFXスキャルピングでは、値動きの天と底の瞬間にエントリーする必要は全くありません。「買い」のときは「上がっている途中」、「売り」のときは「下がっている途中」でエントリーすれば良いのです。

さらに言えば、FXで順張りに徹するならば、「買い」エントリーは「買いの圧力が強い」ときに、「売り」エントリーは「売りの圧力が強い」ときに行うべきなのです。

では、RSIというテクニカル指標を、FXの順張りで使うにはどこを見れば良いか。それは、0~100のちょうど真ん中の50%のポイントです。50%のラインを境にして、上なら「買い」ゾーン、下なら「売り」ゾーンとみなします。

RSIが50%以上なら「買い」ゾーン、RSIが50%以下なら「売り」ゾーンですが、そのゾーン内ならいつでもエントリーして良いかというと、そうではありません。勝率を上げるためには、移動平均線(MA)を見るときと同じように、常にRSIラインの「向き」に注目します。

言いかえると、次のようになります。
- RSIが50%以上で上を向いた→「買い」サイン
- RSIが50%以下で下を向いた→「売り」サイン

このRSIによる順張りエントリーサインを、移動平均線(MA)による順張りエントリーサインと組み合わせると、特にFXデイトレードやFXスキャルピングのような超短期トレードでの勝率を大きく上げることができます。

人気ブログランキング ブログ村為替ランキング FC2外国為替ブログランキング

FXでゴールデンクロス/デッドクロスより重要なこと

どんな投資の本でもチャート分析の話題では「ゴールデンクロス」「デッドクロス」という判断基準が必ず出てきます。移動平均線(MA)について見た場合、短期MAと長期MAがゴールデンクロスしたら「買い」サイン、短期MAと長期MAがデッドクロスしたら「売り」サイン、のように書かれています。

ただ、ゴールデンクロス/デッドクロスした瞬間あるいは直後にエントリーしても、すぐに含み益が出るとは限りません。それどころか、かなり逆行してしまったりする場合も少なくありません。

FXデイトレードやFXスキャルピングに限らず、リアルタイムチャート上でテクニカル指標、たとえば移動平均線(MA)を見る場合、ゴールデンクロス/デッドクロスした瞬間であるかどうかよりも、「FXで移動平均線(MA)を見るときに大切なこと」で述べたように、それぞれのMAの現在の「向き」の方が重要です。

前出の5分足チャートを再び下に示します。

multiple-20ema.png


ここでは、短期MAとして4MA(1分足での20MAに相当)、長期MAとして20MAを使います。

「買い」エントリーする時に重要なことは、次の2つです。

- 4MAが20MAより上にある
- 4MA、20MAともに上を向いている

「売り」エントリーする時に重要なことは、次の2つです。

- 4MAが20MAより下にある
- 4MA、20MAともに下を向いている

「買い」「売り」ともに、1つ目の条件「4MAが20MAより上」「4MAが20MAより下」を満たすためには、普通に考えると当然のことなのですが、それより以前に「4MAと20MAがゴールデンクロス」「4MAと20MAがデッドクロス」している必要があります。

「なんだ、結局ゴールデンクロス/デッドクロスが重要なんじゃないか」と思われるかもしれませんが、ここで言いたいことは、ゴールデンクロス/デッドクロスの瞬間が重要なのではなく、ゴールデンクロス/デッドクロスはそれが起きた時点以降での順張りエントリーの「前提条件」であるということです。

実際、ゴールデンクロス/デッドクロスする瞬間だけを狙おうとすると、チャンスの数は限られてきます。そうではなくて、既にゴールデンクロス/デッドクロスしていることを確認した上で、上記の2つ目の条件「4MA/20MAともに上を向いている」「4MA/20MAともに下を向いている」をエントリーの判定基準にするのです。

こうすると、たとえば「買い」エントリーの場合、

1. ゴールデンクロスした直後に2つの条件が揃った。実際上昇している。
2. しばらくすると下がり始めた。4MAは下向きだが、20MAはまだ上向き。
3. しばらくすると再び上がり始めた。4MA/20MAともに上向きになった。

のように、3.の時点で再び「買い」エントリーのチャンスが現れます。そして、経験上、1.の時点よりも3.の時点の方が勝率が高かったりします。「売り」の場合も同様です。

逆に言うと、たとえゴールデンクロスしても、上の2.のように一時的にレートが下がり短期MA(4MA)が逆行している場合はエントリーを見送り、その後の3.のチャンスを待つ、というのがFXスキャルピングでは重要になってくるのです。

人気ブログランキング ブログ村為替ランキング FC2外国為替ブログランキング
プロフィール

forexander

Author:forexander
東京都在住、32歳(男)、ソフトウェア開発者。
投資経験3年ほど、株、日経225先物、FXにてことごとく惨敗。
1ヶ月の休止(反省)期間をおいて、再度FXに挑戦を決意。

FXデイトレード必勝法
あなたがFXで一番知りたかったこと。先進FXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版


FXビクトリーメソッドアドバンス


FXデイトレード、FXスキャルピングに限らず、どんな投資相場でも通用する普遍の必勝トレード実践術。全てのFXトレーダーが一読すべきバイブル的FX教材

FXスキャルピング必勝法
スキャルピング FX プロ ~プロも使う追撃シグナルで短期安全資産運用~


スキャルピングFXプロ


FXスキャルピング必勝戦略の最高峰。必勝ポイントで迷わずエントリーできる追撃シグナルで目指すは勝率100%

最近の記事
カテゴリー
FX取引業者
FXスキャルピングに最適なFX取引業者の紹介
最近のコメント
恵比寿川KEI:FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う(2) (11/03)
:FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う(2) (10/23)
我が家のFX様:FXテクニカル: RSIを順張りエントリーに使う(2) (10/16)
forexander:FXスキャルピングでのナンピンと両建ては厳禁 (10/11)
FXでぐうたら主婦に。:FXスキャルピングでのナンピンと両建ては厳禁 (10/10)
最近のトラックバック
FXランキング
RSSフィード
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
FXブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。